情報の受け取り手段に音声の選択肢を。約款読み上げに使える音声合成。

2018/06/01 / 活用事例

エーアイ広報です。先日お送りしたこちらの記事「絶対に間違えられない株主総会に、絶対に間違えない音声合成。(https://www.ai-j.jp/blog/cate6/96/)」に引き続き、今回もあまり多くないけれど、少しずつ導入が進んでいる音声合成の活用シーンをご紹介します。
今回は、「約款」の読み上げです。

約款が出てくるシーンとは?

約款といえば保険や金融商品の契約の際に見る印象がありますが、その他にも電気やガス、インターネット、運送サービスなどあらゆる契約の場面で登場します。
ちなみに私は以前、脱毛サロンの契約をするときに約款を確認しました。
私と約款の思い出といえば、とにかく長い・・・長い上に全部重要で確認が大変・・・という記憶です。

約款の読み上げ音声を始めるには?

実は約款の読み上げは、以前より少しずつ採用をいただく機会がありました。多くは目の不自由な方への配慮として、情報の受け取り方に選択肢を持たせるという観点でご採用いただきます。
約款のテキストデータをそのまま音声ファイルとして提供されている企業や、視覚障碍者向けのマルチメディアDAISY図書として提供している企業もあります。
約款は、重要な契約事項。受け取り方を選択肢を用意して、様々な方に伝わるよう準備しておきたいですね。
音声約款を作るなら、音声合成ソフト・サービスの「声の職人」がおすすめです。
約款情報のテキストデータさえあれば、簡単に音声約款を作成することができます。
約款を扱う企業の方、音声約款をご検討の際はぜひ、音声合成ソフト・サービスを検討してみてください。

関連情報
だれでも簡単にナレーション作成
AITalk® 声の職人® パッケージ版

「AITalk®4 声の職人」はパソコンにテキストを入力するだけで、手軽に音声ファイルが作成できるナレーション作成ソフトです。このソフトを使えば、誰でも簡単に直感的な操作で、高品質なナレーション音声の作成が可能になります。 さらに最新バージョン「AITalk®4 」では、感情の調整も可能になりました。

更に詳しく

「AITalk® 声の職人®」がWebブラウザ上で利用できる
AITalk® 声の職人®クラウド版

誰でも手軽に高品質なナレーション作製ができる業務用パッケージソフト「AITalk® 声の職人®」がWebブラウザ上で利用できるクラウド版として登場! 15名の標準語話者を追加料金なしで使えるお得なサービスです。クラウド版だから複数拠点での利用にも対応で音声コンテンツの作成が益々効率的になります!

更に詳しく