高品質はそのままに 組込み用小型音声合成エンジン microAITalk® 動作環境・仕様

microAITalk® 動作環境・仕様

高品質はそのままに 組込み用小型音声合成エンジン

動作環境・仕様

microAITalk®3 動作環境・仕様のご紹介

構成図

対応プラットフォーム

OS CPU
Android 4 以上 ARM, Intel
iOS 8 以上 Apple A5 以上
Linux version 4.1.19-v7+ (Raspbian) ARM Cortex-A53 (Raspberry Pi 3 Model B)

※上記以外のプラットフォームの対応についてはお問い合わせください。

基本スペック表

日本語解析あり

メモリ(RAM) 40MB以上(1話者の場合)
話者1名の追加につき約5MB追加
データサイズ(ROM) 50~70MB(1話者の場合)
話者1名の追加につき約40MB追加
出力データ形式 16KHz 16bit Linear PCM モノラル

※Windows Embedded CE 6.0版、Linux版についてはお問い合わせください。

日本語解析なし

メモリ(RAM) 26MB以上(1話者の場合)
話者1名の追加につき約5MB追加
データサイズ(ROM) 50~70MB(1話者の場合)
話者1名の追加につき約40MB追加
出力データ形式 16KHz 16bit Linear PCM モノラル

※1:日本語解析エンジンには、Berkeley Software Distribution
License(BSDライセンス)に基づいてライセンスされているソフトウェア(Chasen)を使用しています。
※付属ツールはWindows版向けツールのみのご提供となります。

microAITalk®の主な導入先

MORE DETAIL主な導入先一覧はこちら

他の製品をみる


お問い合わせ・ご相談

についてのご質問や音声合成活用全般に関してのご相談を受け付けています。ライセンス形態や価格などご不明な点についてお気軽にお問い合わせください。

 

資料請求

音声合成ソリューションの導入をご検討されるお客様向けに、詳しい資料をご用意しています。お気軽にお問い合わせください。当社担当より資料送付・ご連絡いたします。

 

評価版申し込み

音声合成ソリューションの導入をご検討されるお客様向けに、製品の評価版をお貸出ししています。お気軽にお問い合わせ、お申込みください。当社担当より折り返しご連絡いたします。