音声合成エンジンAITalk®の仕様についてよく頂くご質問

仕様についてよく頂くご質問

仕様についてよく頂くご質問

FAQでも解決できない場合はお問合せください

仕様についてよく頂くご質問

動作環境を教えてください。

各製品ページをご覧ください。詳細については、お問い合わせください。

音声データの出力形式は何ですか?

WAVEファイルでの出力となります。その他のファイル形式に変換する場合は、ご自身で変換ツールをご用意ください。詳細は各製品ページをご覧ください。

入力文字コードは何ですか?

SHIFT-JISです。

Windows7・Windows8には対応していますか?

はい。対応しています。
音声合成AITalkの各製品は、Windows7・Windows8・Windows8.1に対応しています。
AHSから販売されている個人向け音声読み上げソフト「VOICEROID」シリーズ全製品に関しても、2014年10月30日発売の新バージョン「VOICEROID EX」で、Windows7・Windows8・Windows8.1に対応いたしました。

漢字や記号はどこまでカバーしていますか?

第二水準までです。

MRCPに対応していますか?

ご相談に応じます。お問い合わせください。

SAPIに対応していますか?

現時点では対応していません。

JEITAには対応していますか?

JEITA 6004に対応しています。

合成できる文字の制限はありますか?

ご利用になるコンピュータ環境に依存しますが、1万文字程度が目安となります。

AITalk®3 Server版のインターフェースを教えてくだい。

RESTインターフェース (HTTP/1.1)になります。
詳細は、お問い合わせください。

AITalk SDKで使用できる開発言語を教えてください。

C/C++、 Visual C++、Visual C#、Visual Basic、Java 等
詳細については、お問い合わせください。

micro AITalkで使用できる開発言語を教えてください。

C/C++になります。詳細については、お問い合わせください。

旧バージョン(AITalk声の職人、AITalkⅡ声の職人、AITalk3声の職人)を利用しているが、Windows10で利用できるか知りたい。

【AITalkⅡ声の職人・AITalk3声の職人での利用について】
Windows10での動作を正式保証しておりません。
ただし以下手順に沿ってUSBドングルの認証ドライバを最新のものにしていただくことで、Windows10動作が可能となる場合があります。
 
<手順>
1. ブラウザからSafeNet社の下記ダウンロードサイトへアクセスしてください。
http://www.safenet-inc.com/sentineldownloads/?s=&c=End User&p=Sentinel LDK&o=Windows&t=Runtime & Device Driver&l=all
 
2. ページ下部に表示されているリストから、
『Sentinel HASP/LDK – Windows GUI Run-time Installer』の最新バージョンをご選択ください。
 
3. 使用許諾のページが表示されますので、ページ最下部の[I Accept]を押して、ドライバ(”Sentinel_LDK_Run-time_setup.zip”)をダウンロードください。
zipファイルを展開すると、ドライバのインストーラ(”HASPUserSetup.exe”)が現れます。
 
こちらをダブルクリックで実行し、ドライバをインストールしてください。
 
※ドライバのインストールに数分程度の時間がかかる場合がございます。
※ドライバのインストール後にOSの再起動が必要になる場合がございます。
※動作保証範囲外となりますので、お客様のご責任のもとに実行ください。
 
【AITalk声の職人での利用について】
Windows8以降のOSをサポートしておりません。Windows8以降のOSでご利用になる場合は最新バージョンの声の職人のご案内となります。お問い合わせください。

「AITalk声の職人パッケージ版」を導入検討中だが、機密情報漏洩防止のため情報セキュリティ上、社内PCからUSBメモリへの書き込みができない。声の職人のUSBドングルは書き込みが必要になるか?

納品するUSBドングルは一般的なUSBメモリとよく似た形をしておりますが、ライセンス認証に特化したもので、一般的なUSBメモリのようにストレージとしてのご利用はできません。

「AITalk声の職人パッケージ版」を利用中のPCの入れ替えにより、新しいPCで声の職人を使いたい。

1.声の職人のメニューから、[ファイル]⇒[設定のエクスポート]で現PCの設定のエクスポートをおこない、設定ファイルを保存してください。
2.現PCでご利用中のユーザー辞書(フレーズ辞書・単語辞書・記号ポーズ辞書)と1.で保存した設定ファイルを、移行先のPCへ保存してください。
3.移行先のPCで声の職人をインストール・起動し、メニューの[ファイル]⇒[設定のインポート]でおこなった情報を移行先PCへインポートしてください。
※設定のエクスポートとインポート方法の詳細は、声の職人操作マニュアルの[設定のエクスポートとインポート]の項目をご確認ください。

製品に関するお問い合わせはこちら

製品・サービスについてのご質問や音声合成活用全般に関してのご相談を受け付けています。お気軽にお問い合わせください。

個人向け製品サイト