お客様事例

想定外の事態に対しても、その時必要なメッセージを、住民の皆に伝えることができるようになりました。

Company

全国瞬時警報システム(Jアラート)

公共/行政

Interviewee

Jアラートとは、弾道ミサイル情報、大津波警報、
緊急地震速報等の緊急情報を、人工衛星を用いて
国(内閣官房・気象庁から消防庁を経由)から送
信し、市区町村の防災行政無線や携帯メール、コ
ミュニティFM等を自動起動させるもので、国から
住民まで緊急情報を瞬時に伝達するシステムです。

この事例のポイント

導入の目的

  • 全国瞬時警報システム(Jアラート)において、あらかじめ想定することが困難な事態に対するメッセージ(音声)を即時に作成し、作成した音声による放送を実現するため

導入前の課題

  • 想定外の事態に対するメッセージを即時に作成し、音声で放送することが難しかった

導入効果

  • 想定外の事態に対しても、その時必要なメッセージを防災行政無線で地域住民に即時的に発信できるようになった

インタビュー

AITalk導入の背景

Jアラートでは、大きく2つの情報(国民保護に関する情報、気象等に関する情報)を取り扱われています。
「気象等に関する情報」は、気象等の特別警報や、緊急地震速報など気象庁から発信される情報のフォーマットも定まっており、伝えなければならないメッセージもある程度予測が可能です。予測可能なメッセージは事前に必要な音声を登録しておくことで緊急時に放送することができます。
一方、「国民保護に関する情報」は事前に想定しえなかった事態が起きる可能性があります。事前に登録してあるメッセージでは必要な情報を伝えることができないことが懸念されるためどのようにして即時的に作成したメッセージ(音声)の放送を実現できるのかということが検討されました。

AITalk導入による効果について

音声合成を導入することによって、必要な情報を即時に防災行政無線から音声で放送することができるようになりました。

この記事は2015年10月時点のものです。

お問い合わせ・ご相談

導入実績2000社突破 ai Talkを活用しきるポイント 導入事例集をダウンロード