トピックス

2022.02.28

お知らせ

音声合成AITalk、防災行政無線における自治体への累計導入数が2022年に800市区町村へ到達見込み~地域の安全を守る「声」として全国45%の自治体が利用~

 株式会社エーアイ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:吉田 大介、証券コード:4388、)は、高品質音声合成AITalk®シリーズが、 2022年2月末時点における全国自治体の防災行政無線への累計導入数780市区町村を越え、2022年中に800市区町村への導入見込みとなることをお知らせいたします。

 音声合成導入以前の防災行政無線で利用される音声は、収録音声や、自治体の職員の声による放送が主流となっていましたが、聞き取りづらさの問題や、収録音声では間に合わない可変的な情報が放送できない、緊急時にも有人で放送を継続する必要があるといった安全上の課題がありました。
 そこで当社は、防災行政無線メーカー、自治体様との共同実験のもと、広域放送でも聞き取りやすく、落ち着いた声を持つ、防災行政無線に特化した話者「せいじ」をリリースし、防災行政無線の放送音声として提供してまいりました。防災行政無線でのAITalk®シリーズ累計導入数は、東日本大震災後に急増し、2022年2月末時点では全国自治体数1,724市区町村のうち、45%を占めております。
 AITalk®は、今後も地域住人、自治体の職員の安全を守る「声」として社会インフラの役割を果たしてまいります。

 

AITalkシリーズ防災行政無線での自治体導入累計数推移




20220228_bousai

お知らせ一覧へ戻る

お問い合わせ・ご相談