トピックス

2021.04.01

採用事例

エーアイのAITalk、ベネッセの「進研ゼミ 中学講座」に採用~『デジタルチャレンジ』の先生に音声合成を活用

 株式会社エーアイ(本社:東京都文京区、代表取締役:吉田 大介、証券コード:4388、以下エーアイ)は、株式会社ベネッセホールディングスの子会社、株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山県岡山市、以下:ベネッセ)の中学生向け通信教育「進研ゼミ 中学講座」が2021年4月より展開する、 タブレット学習を中心とした「ハイブリッドスタイル」の中学1・2年生向けの学習教材『デジタルチャレンジ』へ高品質音声合成エンジンAITalk®が採用されたことをお知らせいたします。

 この度エーアイでは、『デジタルチャレンジ』内で数学・国語・理科・社会の先生の声に起用された声優の収録音声から、「AITalk® CustomVoice®」によるオリジナル音声合成辞書を作成いたしました。「AITalk® CustomVoice®」の音声合成辞書と、ナレーション作成ソフト「AITalk® 声の職人® パッケージ版」により、各先生の合成音声で教材ナレーションの作成が実現しております。

 

「AITalk® CustomVoice®」とは

AITalk5CustomVoice

 AITalk® CustomVoice®は、芸能人や声優、自分の声を収録し、日本語音声合成用のオリジナル辞書を作成するサービスです。  文字を入力するだけで、本人の声のようなリアルな音声で喋らせることができるので、WEBキャンペーンや、スマートフォンのアプリケーション、ゲーム、バーチャルキャラクター、テレビ番組等で、インパクトのある音声コンテンツを実現できます。

 

■「AITalk® 声の職人® パッケージ版」について

AITalk®5 声の職人® ロゴ  

「AITalk® 声の職人® パッケージ版」はパソコンにテキストを入力するだけで、手軽に音声ファイルが作成できる、ナレーション作成ソフトです。 販売製品のガイダンス、電話自動応答音声、eラーニング、動画などのデジタルコンテンツのナレーション音声として法人活用が進んでいます。さらに、アナウンス原稿の読み上げや、ニュースコンテンツのナレーション作成として、メディアでの活用も広まりつつあります。

 

■『デジタルチャレンジ』について

 

benesse_01 benesse_02

 タブレット学習を中心とした『デジタルチャレンジ』の講義パートでは、まるで目の前で授業をしてくれているかのように先生が優しく問いかけながら学習が進みます。先生と一緒に課題を発見し、それを解決していくことで中学で学習する内容の要点を身に付けることができます。
●進研ゼミ中学講座公式サイト:https://chu.benesse.co.jp/

お知らせ一覧へ戻る

お問い合わせ・ご相談

導入実績2000社突破 ai Talkを活用しきるポイント 導入事例集をダウンロード