トピックス

2013.12.18

採用事例

ドコモとパイオニアが共同開発 カーライフ支援サービス「ドコモ ドライブネットインフォ™」にAITalk®が採用

エーアイの高品質音声合成エンジンAITalk®が、2013年12月17日(火)から提供された株式会社NTTドコモ、パイオニア株式会社共同開発の、スマートフォンに話しかけるだけで、運転中に便利な情報を教えてくれる新たなカーライフ支援サービス「ドコモ ドライブネットインフォ™」に採用されました。

「ドコモ ドライブネットインフォ™」とは

パイオニアの次世代自動車向けクラウド基盤「モバイルテレマティクスセンター」を活用し、リアルタイムに発生している渋滞情報や、運転中に便利な情報をスマートフォンに対し提供するドコモのITSクラウドサービスです。
エーアイの高品質音声合成エンジンAITalk® が採用されている「しゃべってコンシェル® 」の音声意図解釈技術と音声合成技術を活用し、スマートフォンに話しかけるだけで、渋滞情報や周辺情報、スケジュール、最新ニュースを確認したり、電話の発信、SMSの送受信や音楽の再生等ができます。

●ダウンロード方法

GooglePlay、またはdメニュー®よりダウンロード(予定)

●利用料金

無料※1

●対応機種

ドコモ2013-2014冬春モデル スマートフォン(一部機種)

●提供開始時期

2013年12月17日(火)

●詳細ページ

https://www.nttdocomo.co.jp/service/information/drive_net/drive_net_info/index.html
※1 サービスご利用時にはパケット通信料が掛かります。また本サービスから通話やSMS送信を利用した場合は、別途音声通話料、SMS送信料がかかります。
※「ドコモ ドライブネットインフォ™ 」「しゃべってコンシェル® 」「dメニュー® 」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。

お知らせ一覧へ戻る

お問い合わせ・ご相談

導入実績2000社突破 ai Talkを活用しきるポイント 導入事例集をダウンロード