トピックス

2022.11.25

採用事例

音声合成AITalk、JVCケンウッドが導入~Victorブランド“みみ楽”シリーズ最新版完全ワイヤレスボイスレシーバー「EH-W10」の操作補助用案内音声へ「声の職人」を活用~

 高品質音声合成AITalk®(エーアイトーク)を開発・提供する株式会社エーアイ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:廣飯 伸一、証券コード:4388、以下エーアイ)は、株式会社JVCケンウッド(本社:神奈川県横浜市、CEO:江口 祥一郎)がVictorブランドより2022年10月6日から発売開始した、日常会話やテレビ音声などが聴きとりやすいようサポートする“みみ楽”シリーズの最新製品、完全ワイヤレスボイスレシーバー「EH-W10」へAITalk®がが導入されたことをお知らせいたします。

 この度「EH-W10」の操作補助用の案内音声として、「AITalk® 声の職人® クラウド版」が採用されました。

 

「AITalk® 声の職人® クラウド版」について

 「AITalk® 声の職人® クラウド版は、テキストをブラウザに入力するだけで誰でも簡単にナレーションや、ガイダンス音声を作成することができるクラウドサービスです。
月額プランで契約できるので、低予算で検討している方や、少しだけ音声ファイルを作りたい方におすすめの音声合成クラウドサービスです。

 

“みみ楽”完全ワイヤレスボイスレシーバー「EH-W10」について

 本機は“みみ楽”シリーズとして初めて、完全ワイヤレスタイプのスタイリッシュなボディとともに、耳への負担が少なく、長時間でも軽快に装着できる圧迫感の少ない新形状のハウジングを採用。また、専用スマートフォンアプリを使うと、自分に合った聴こえやすさをいつでも簡単にチェック・調整ができるほか、音量設定やリスニングモードの切り替えなどの本体操作も可能です。さらに、完全ワイヤレスイヤホンとしても、スマートフォン経由で音楽やラジオなどを快適に楽しむことができます。

●「EH-W10」製品ページ(Victorサイト):https://www.victor.jp/voicereceiver/lineup/eh-w10/

お知らせ一覧へ戻る

お問い合わせ・ご相談

導入実績2000社突破 ai Talkを活用しきるポイント 導入事例集をダウンロード