シンプルなAPIで自然な音声合成を実現 AITalk® SDK 動作環境・仕様

sdk-logo

お問い合わせ・資料請求・評価版申し込み

 
 

感情表現に対応した組み込み用音声合成エンジン

動作環境・仕様

AITalk®4 SDKの動作環境・仕様についてのご紹介。

Windows

OS Windows10 日本語版(32bit/64bit)
Windows8.1 日本語版(32bit/64bit)
Windows8 日本語版(32bit/64bit)
Windows7 日本語版 SP1(32bit/64bit)
Windows Server 2016 日本語版
Windows Server 2012 R2 日本語版
Windows Server 2012 日本語版
Windows Server 2008 R2 SP1 日本語版
※VirtualPC、VMWare、Windows7のXP mode等の仮想環境を除きます。
CPU Intel Pentium 4 又はAMD Athlon 64以上のプロセッサ(マルチコア推奨)
メモリ 1GB以上(32bit)または2GB(64bit)以上
HDD/SSD 2GB以上の空き容量 *1
サウンド DrectX 9.0c以降に対応したサウンドカード(音声再生ライブラリを使用する場合)
実行環境 .NET Framework 3.5 SP1
※.NET Frameworkで開発する場合
開発環境 Microsoft Visual Studio 2010 SP1
Microsoft Visual Studio 2015 SP1
※上記環境以外は別途お問い合わせください。
ファイルフォーマット*2 22KHz 16bit PCM形式*3
11KHz 16bit PCM形式*3
16KHz 16bit Linear PCM
8KHz 16bit Linear PCM
8KHz μ Law
対応中間言語フォーマット AI独自規格
JEITA TT-6004規格

Linux

OS Red Hat Enterprise Linux:6.6(x86/x64),7.1(x64)
Cent OS 6.6(x86/x64),7.1.1503(x64)
Ubuntu(Server/Desktop):12.04 LTS(x86/x64),14.04 LTS(x64),Ubuntu16.04 LTS (x64)
CPU Intel Pentium 4 又はAMD Athlon 64以上のプロセッサ(マルチコア推奨)
メモリ 1GB(32bit)または2GB(64bit)以上
HDD/SSD 2GB以上の空き容量 *1
ファイルフォーマット*2 22KHz 16bit PCM形式*3
11KHz 16bit PCM形式*3
16KHz 16bit Linear PCM
8KHz 16bit Linear PCM
8KHz μ Law
対応中間言語フォーマット AI独自規格
JEITA TT-6004規格

1:使用する話者が1名の場合。話者1名の追加につき、300MB程度
*2:音声はモノラルとなります。
*3:あかり、ななこ、こうたろう、あんずは22KHzおよび11KHzには対応しておりません
※日本語解析エンジンには、Berkeley Software Distribution License(BSD)に基づいてライセンスされているソフトウェア(CaboCha/CRF++/ChaSen/Darts/NAIST-jdic/UniDic)を使用しています。

AITalk® SDKの主な導入先

お問い合わせ・資料請求・評価版申し込み

 
 

他の製品をみる


お問い合わせ・ご相談

AITalk®4 SDKについてのご質問や音声合成活用全般に関してのご相談を受け付けています。ライセンス形態や価格などご不明な点についてお気軽にお問い合わせください。

 

資料請求

音声合成ソリューションAITalk®4 SDKの導入をご検討されるお客様向けに、詳しい資料をご用意しています。お気軽にお問い合わせください。当社担当より資料送付・ご連絡いたします。

 

評価版申し込み

音声合成ソリューションAITalk®4 SDKの導入をご検討されるお客様向けに、製品の評価版をお貸出ししています。お気軽にお問い合わせ、お申込みください。当社担当より折り返しご連絡いたします。

個人向け製品サイト